クッション修理の事例

 

こんにちは!

職人ブログ担当の秋山です!

 

私は年が明けてすぐに、こちらに行ってきました。

BOOK AND BED TOKYO

a

c

本を読みながら寝落ちしよう! というコンセプトでオープンした簡易ホテルです。

インテリアと設備を是非見に行きたくて訪ねました。

よく見かける材料なのに、照明と装飾のアクセントの使い分けで

こんなにもカッコいい空間を演出できるのかっ!と驚きました…

製作だけでなく、普段からソファやイスが置かれる最先端の空間にも足を運んで勉強しなければいけませんね…

 

 

さて、今回の張替え事例のご紹介はこちらです!

 

ZA

黒いレザーのソファクッションなのですが、

長年の使用により座の前の部分が擦り切れていました。

中身はとてもしっかりした内容でしたのでそのままに。

クッションカバーの基本的な仕様は変えず、色と素材も同じような生地で張り替えました。

ZA1

ZA2

もともと入っていた、ダブルステッチの部分も同様に再現しました。

 

今回のケースは、三人で座る仕様でしたが、

本棚に近い左側の座だけが極端に擦り切れていました…

ソファからも生活や習慣が読み取れる事例ですね☆

 

張替えを検討しているお客様は、このように中身はそのままで、

カバーだけの製作も出来ますので宜しくお願いいたします!

リフォーム張替えのご相談はこちらから

直接のお問い合わせは、下記の青山店までご相談くださいませ。お問い合わせ、お待ちしております。

 

——————————————————————————————-

ラフィネリビング 青山店
TEL :03-6418-7179
MAIL:info@raffine-online.jp