クッション修理の事例<3>

こんにちは。ラフィネリビングの植松です。
今日は、午後から天気が回復して日差しも出ていましたね。いかがお過ごしでしょうか?
 さて本日は、ソファのクッション修理の事例をご紹介させて頂きます。

アンティークの革のソファですが、ソファ本体の革の部分は、そのままで
背クッションと座クッションをお持込みをして頂きました。
IMG_2854
 
修理前のクッションのお写真がこちらになります。
P1040868
P1040869
長年の使用により座クッションカバーの生地が、擦り切れて穴があいてます。
座クッションの中身は、(綿がメイン)へたってつぶれている状態でした。
座クッションは、カバーのみお持込みを頂きました。

修理後のクッションのお写真がこちらになります。
P1040895
P1040899

カバーは、無地の生地を選びました。背クッションの中身は、フェザーとチップと綿、
座クッションの中身は、今回は、硬めのしっかりとしたウレタン(硬質ウレタン)を使用しました。
新品のようにクッションが綺麗になりました。

背・座クッションを1組の製作の料金の目安が以下となります。

背・座クッション製作   1組あたり¥40,000~
※張地はメーターあたり¥4,000の布地として 
※上記の価格は税抜になります。

修理のお見積りは無料ですのでお気軽にご相談くださいませ。
修理のご相談はこちら

それではまた。


ラフィネリビング 青山店 担当:植松
TEL :03-6418-7079
MAIL:info@raffine-online.jp