椅子修理の事例<7>

こんにちは。
ラフィネリビングの植松です。関東は、台風が接近中で午後から雨が強くなってきました。不要不急の用事がなければ外出は、なるべく控えたほうがよさそうですね。

さて本日は、ダイニングチェアの木部修理の事例をご紹介させて頂きます。

 

修理前の椅子のお写真がこちらになります。 

修理前 1

 

がたつきと木部の緩みがあり、側面の木部が外れてしまっています。

修理前 2

 

椅子側面

修理前 3

一度、ほかの業者さんで修理されたそうですが、木部が分解できなかったという理由で外側からビスを打ち込み、がたつきを緩和する修理をしておりました。

椅子後ろ側

修理前 4

後ろ側からもビスを打ち込み、シールを貼ってビスの頭を隠していました。

この方法ですと補強になっていないため、付加がかかると、ビスを打ちこんでいる枠にヒビが入ってしまったり、

大きく割れたりしてしまいます。

 

修理後のお写真がこちらになります。

修理後 1

修理後 2

 

椅子側面

修理後 3

不要なビスは、すべて取り除き、穴は、パテ埋めをして塗装、組み直しをしました。

 

椅子後ろ側

修理後 4

修理後 5

 

がたつき直しとビスの頭が見えていた仕様もパテ埋め、塗装で目立たなくなり、座れる状態になりました。

長くご使用して頂けると思います。

 

椅子の状態や修理の方法によって料金は異なります。組み直しの場合は、¥8,000~修理をしております。

キズのパテ埋め塗装直しが含まれると、¥16,000~¥20,000ぐらい料金がかかる場合がございます。

修理のお見積りは無料ですので、買い替える前に一度、修理をご検討くださいませ。
お問い合わせはこちら

それではまた。

 

ラフィネリビング 青山店
担当  :植松
TEL :03-6418-7179
MAIL:info@raffine-online.jp

定休日 :毎週水曜日。 営業時間:11:00~19:00